FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっとツーリングの悩み

昨日はひろさんと日帰りツーリングの約束だったが雨のため中止。
金曜日まであんなに晴れていたのにとても残念。
日本中でこんな思いの人は多かったのでは。

ということで悶々としていた日曜日の午後、一人の時間を少しだけもらって
ちょこっと走ってきた。

行き先は調布飛行場。
東京に羽田以外の空港があるってご存知ですか?
定期運航路線は大島と新島だけで、プロペラ機のみの小さな空港だが
飛行機が間近に見えて楽しい場所だ。

で、「関係者以外立ち入り禁止」と書かれているがカフェがあるので
実質往来自由な雰囲気の道をずんずん進み、滑走路の端っこが見える場所へ。

味の素スタジアムと飛行機をバックに写真と撮ろうと待っていると、
数分後にやってきたのはパトカー。

さすが小さくても飛行場、監視されていたんですね。
職質されてその場は退散。

(写真撮影の直後、職質中に目の前を飛行機が離陸・・)
調布飛行場

その後、味の素スタジアム横のまっすぐな道を往復して
ツーリング気分を無理やり味わったら今日は終了。

近所で1,2時間気持ちよく走れる道は
どこかにないかなー。

一直線
スポンサーサイト

撮影

イラストレーター柏崎さんの資料として、
我が94年式ロードキングを撮影していただいた。

撮影場所は家の近所にある程々に空いたスーパーの駐車場。
純正に近い姿をご希望だったので、いつも外している風防と
タンデムシートを装着する。

撮影

挨拶をすませると、早速撮影開始。
プロのイラストレーターはどういう視点で車体をみるのか興味深々。
やや遠めの距離から、360度ぐるりと一周しながら写真を撮られる。

ちなみに、プラモのイラストはメーカー側の商品の都合に合わせるので
撮影写真とはかなり違うカタチになる様子。

撮影撮影

さらにサイドの箱を外した写真も必要とのこと。
いつもの手抜き洗車のおかげで埃がたっぷりたまった姿を
恥ずかしながら撮影。
この姿は新鮮だが、ショベルと違って箱を外すことでかっこよくならないので
外すのはメンテナンス時のみ。

サドルバッグも外す

柏崎さんはBMWのGS(OHV)に乗られていて、以前はバイク雑誌「ゴーグル」の
表紙も描かれていたとのこと。私の好きな、バイク好きオヤジだ。
プロフィールを見ると極真空手の指導員もされているということで、
引き出しをたくさんもった素敵な方だ。

今日の撮影協力のお礼にと、額に入った柏崎さんの作品と、
イラストが使用されたプラモをいただいた。
また、今回の写真をもとに描かれたイラストのプラモも
送っていただけるとのこと!

協力できたことだけで十分嬉しかったのだが、
思ってもないうれしい出来事だ。



おみやげ

おみやげ

先週のブロツーに続いてブログが縁で素敵な出会いを得た。
※柏崎さんのホームページはこちら

94年式

先日いただいた1通のコメント。

94年式ロードキングのプラモデルの外箱イラストを描く方から、
資料として私のバイクの写真を撮りたいとのお話。

そんな売れそうもない(笑)プラモが本当に作られるのか?
94ロードキングはそんなに世の中に走ってないのか?

疑問がわき出て、半信半疑というより一信九疑という状態で
コメントをいただいた方のホームページより連絡を取る。
疑いは見事に晴れ、願ってもないお話とわかったので
4月に入ったら写真を撮っていただくことになった。

私のバイクがそのままパッケージイラストになるわけではないのだが、
世に出るプラモの企画に少しかかわるなんてとてもうれしい。

ちょっとでもきれいな資料を提供できるよう、
久しぶりにピカピカに洗車して撮ってもらおう!

(HOT BIKE Japan Vol.9より)
HOT BIKE Japan  Vol.9(94年1月)

My Harley Davidson

1994年式ロードキング。


ロードキングのデビューイヤーのモデルである。10年ほど前に中古で購入したものだ。
その頃は、大型免許取得後すぐに購入したXL883に乗り2年近くが経過し、BIG TWINに乗りたくて仕方なかった。(今思うと883は本当にいいバイクだったが、これはまた別の機会に書くことにする)
ロードキングを選んだ一番の理由は、「手の届く中古車がロードキングしかなかった」から。中古車とはいえ決して安くないハーレーを購入する理由としては、何のこだわりも感じられないが、FL系への憧れあったのだろう。今となっては、ハーレーの中で最も旅が似合う車種だと思っている。
尼崎のハーレーショップの店頭である日目にしたロードキングは、青い補助灯やデコレーションで飾られ、30過ぎの自分が乗るハーレーのイメージからはかけ離れていたが、装飾を外して本来の姿を取り戻した。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。