FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twin Cooled って?

先日アメリカで発表されたHARLEY DAVIDSONの2014年モデル。
目を引くのはツーリングファミリーの大幅な変革。
なかでも目玉は「Twin Cooled High Output Twin Cam 103 V Twin」と呼ばれる新エンジンであることは間違いありません。

日本ではH-Dジャパンの正式発表を待たなければ情報がありませんが、本国アメリカのネット上でも「Twin Cooledって何?」というコメントを目にします。

ネットで集めた情報によると、空冷OHVエンジンの排気ポート付近のみを水冷化したようで、エンジン単体を写した写真では空冷フィンがしっかり残っていました。

搭載される車種はウルトラとトライク、それにCVOの一部に限定されているようなので、大部分のモデルは今までどおり空冷です。

ウルトラはもともとフルカウルで覆われているので、足元の両側にラジエターが設置されても見た目は気にならないと思われますし、なによりウルトラのユーザーにとっては長距離を快適に走りきるパワーと快適性が最も重要なはずなので、Vツインの冷却の一部を液体に頼ることはそれほどネガティブには受け取られないのかもしれませんね。

オフィシャルサイトで公開されたエンジンの右サイドの写真では、見た目は空冷OHVと何ら変わらないので、オーナーの違和感は少ないはずです。

今までは基本的に同じBigTwinエンジンでツーリング、ソフテイル、ダイナと性格の異なるファミリーを展開してきたハーレーですが、今後はツーリング系にはTwin Cooled、ソフテイルやダイナには空冷というように、エンジンを使い分けてくるのでしょうか。
それともどこかで一斉に切り替えてくるのか。

今後の展開を楽しみにしたいと思います。


スポンサーサイト

HARLEY DAVIDSON 2014年モデル

久しぶりにハーレーの話題。

ロードキングの頃にお世話になっていたディーラーから突然「2013年モデル ファイナルセール」のメールがきた。
そういえばそろそろ新年度モデルの発表の頃だと思い出し、本国サイトをのぞいてみるとどうやら8月19日に発表される様子。
「そうか、バイクの日は世界共通なのか」と馬鹿なことを考えながら、遠ざかっていたハーレー情報を探してみる。
いよいよ水冷エンジン搭載?とかロードキングがなくなる、など相変わらず話題がいっぱいの様子。懐かしい気落ちで久しぶりにハーレーにわくわく。

仕事帰りにもう一度見ていると、ついに発表されていた!

ロードキングはカタログにしっかり残っていて一安心。
しかし密かに好きだったロードグライドが姿を消していたのが少し残念。

それにしてもエレクトラグライドの激変ぶりには驚いた。

8192

エンジンガードカバーにはラジエターが。
サイトでは「Twin-Cooled」と書かれてあるので、噂通り水冷化された模様。

しかし「水冷」という言葉は一言もなく、HPの説明では「伝統を守る」とかエンジンの高性能をうたう言葉が並んでいて、完全空冷でなくなったことをあえて目立たないようにしている気がしなくもない。
BMWの新GSのように冷却比率は空気のほうが大きいのだろうか。
(つたない英語力で間違ってたらゴメンだが)

今までは細々と文字が刻まれていたエアクリーナーカバーも、妙にあっさりと「103」だけ。

8191

アメリカ本国でもハーレー乗りは空冷へのこだわりが強いのだとしたら、ちょっと意外だ。

何がともあれハーレーの新しいエンジン、日本に入ってきたら一度乗ってみたいものだ。

お知らせ

毎日暑いですね。

今日は5時に起きて秩父方面にショートツーリング。
珍しくフル装備です。

FLHR1

FLHR2



そして突然ですが、本日この後ロードキングを乗り換えました。


免許を取る前から憧れの存在だったハーレーダビッドソンには
スポーツスター883、ロードキングと2台乗り継ぎました。

12年間乗ったロードキングは、その存在感やエンジンの鼓動とともに
高い実用性を併せ持ち、乗るたびに「いいバイクだなぁ」
という満足感を味わえました。

その一方で、バイク乗りとして他のモデルへの興味があったも事実。
また、最近はあちこちから年式相応のくたびれを感じていました。

そんな中で、今後の愛車選択を考え、このタイミングで一度ハーレーを
乗り換える決意しました。



新しい愛車は、03年式BMW R1150GS。


GS1


9年落ち・35000K走行とけっこう古いですが、
ロードキングより10年近く若く、まだまだこれからというところ。

新車価格は180万円だったものが今では100万円を
大きく下回る価格になっていたので、伝統あるボクサーに
手が届きました。

GS0

GS2



発売当時は世界最高のツーリングバイクとも称されたG1150GS。 今後どれだけ活躍するか楽しみです。

というわけで、ブログタイトルも新しく「TOKYO GS LIFE」となります。
乗ってる人間は同じですので、今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。